有限会社ひまわり総合保険企画

有限会社ひまわり総合保険企画は、お客さまに安心と満足をお届けします。

TEL.096-340-0825

〒861-8039 熊本市東区長嶺南3丁目2番86号

ニュース

自転車保険入っていますか?(熊本で自転車と歩行者の死亡事故発生)

熊本市東区湖東3丁目の国道57号沿いで16日午後7時50分ごろ、

散歩をしていた79才の男性が、向かい側から来た県立高校2年の男子生徒の自転車と衝突しました。

県警によると、男性は転倒して後頭部を強く打ち、病院に搬送されたが17日午前4時50分ごろに死亡した。高校生は左ひじに軽傷を負った。

という痛ましい事故が発生しました。

 

自転車同士の事故で過去に判例が出た、高額な賠償事例を下記にあげます。

賠償額 (※) 事故の概要
9266万円 男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突。男性会社員に重大な障害(言語機能の喪失等)が残った。(東京地方裁判所、平成20年6月5日判決)
3730万円 Y運転の自転車が信号機による交通整理の行われていない三叉路の交差点を左折した際、対向進行してきたA(70歳、男性、年金生活者)運転の自転車と衝突した。YとAは転倒し、Aは脳挫傷、脳内出血、急性硬膜下血腫の傷害を負った。病院で緊急手術をしたものの植物状態に陥り、事故の1年4ヶ月後に入院したまま慢性気管支炎を発症したことにより肺炎を併発し死亡した(平成14年6月11日大阪地裁判決)
3140万円 男子高校生が自転車で歩道から交差点に無理に進入。保険勧誘員の女性(60才)が運転する自転車と衝突して転倒させた。女性は頭蓋骨骨折で病院に搬送されたが九日後に死亡しました。(平成14年2月15日さいたま地裁判決)

 

一目瞭然ですが、保険を利用せずに賠償するには経済的に大きな負担がかかります。

安全運転義務・安全操作義務というのが第一ですが、

万一の際には自分だけでなく、被害者のためにも自転車保険(個人賠償責任保険)への加入が必要ではないでしょうか。

ぜひ、ご自分の保険で自転車保険にご加入かどうか?もしくは、自動車保険、火災保険などに個人賠償責任特約が付帯されているかどうか?自転車に乗られるお子様がいるご家庭は特に確認しましょう!

亡くなられた男性のご冥福をお祈りいたします。

 

よかボス宣言をしました!!

「よかボス」は、自ら仕事と生活の充実に取組むとともに、共に働く社員や職員、従業員等の仕事と生活の充実を応援するボス(企業の代表者等)のことです。
熊本県では、県民一人ひとりの「幸せな人生の実現」のために、県民の総幸福量の最大化を目指して、企業のトップが、社員の仕事と、結婚や子育て介護などの充実した生活ができるよう応援することを宣言する、「よかボス宣言」に、オール熊本で取り組んでいます。

そして、弊社もよかボス宣言を行い、「よかボス企業」として熊本県の認定を受けました。

ひまわり総合保険企画は「よかボス企業」としてこれからもより一層、社員の仕事と生活の充実を応援し、

総幸福量の最大化を目指して参ります!!

 

健康経営優良法人に認定されました

2019年2月21日

弊社は中小規模法人部門において「健康経営優良法人」に認定されました。


健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、

特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

今後も健康経営優良法人として、さらなる健康経営に取り組んでまいります。

 

県内で交通死亡事故多発!

1月30日から2月5日にかけて、県内で死亡事故が発生しています。

高齢者がお亡くなりになる事故が多発。

特に道路横断中の死亡事故が多発しています。

運転する方は歩行者、自転車の早期発見に努めましょう。

また、歩行者は反射材をつける、明るい色の服を着用するなど気をつけて歩行されてください。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

旧年中はひとかたならぬご厚情をいただきありがとうございます。
社員一丸となり全力を尽くしますので、引き続きご支援いただきますようお願い申しあげます。
本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

昨日の地震でのお被害なかったでしょうか?何かございましたらお問い合わせいただければと思います。

余震なく落ち着いてくれることを祈るばかりです。

今日は社員全員で藤崎宮へ初詣に行ってきました。

天気もよく、気持ちのよい日でした。

年末年始の営業日のお知らせ

誠に勝手ながら
弊社では、下記の期間を
年末年始休業日とさせていただきます。

■年末年始営業案内
年内営業:30年12月28日(金)まで

年始営業:30年1月4日(金)より

年末年始や営業時間外の緊急事故受付に関しましては、
下記のフリーダイヤルまでご連絡願います。

事故にあわれた際のご連絡先
★事故サポートデスク
0120-256-110

自動車のトラブル対応時のご連絡先
★ロードアシスタンス専用デスク
0120-365-110

期間中は何かとご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。

<天草>年末感謝イベントを行います!

特別イベント開催です‼️
認知症について、もっと知っていただくために、セミナーを開催致します。
是非ご参加ください。

日時 平成30年11月18日(日)
13時〜15時30分
場所 天草信用金庫 5階会議室
健康イベントてして
・認知症体験セミナー
・血圧測定
・血管年齢測定
など

問い合わせ先
ひまわり総合保険企画天草オフィス
電話0969-66-9944
担当 端田(ハタダ)

 

社屋工事のお知らせとお願い

今日より弊社社屋の工事が始まっており、
正面玄関が使えなくなっております。
ご来店の際は、このインターホンを鳴らしていただくようお願いします。
裏入り口をご案内いたします。
12月まで工事予定ですので、その間大変ご不便をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

「正常性バイアス」ご存じですか?(台風24号が近づいています)

yahooニュースに「正常時バイアス」についてのニュースがのっていました。

https://news.yahoo.co.jp/feature/1097

一般的なイメージとして、災害に直面した際には人々は慌てふためきパニックになるのではないかと想像する人が多いと思います。しかし実際にはパニックになるケースは少なくて、むしろその逆で危険なのに焦らずに「どうせ大丈夫」だろうと過小評価して逃げ遅れることがあります。
そもそも正常性バイアス(正常化の偏見)とは何かをひとことで言うと、災害などで目の前に危険が迫っていても、正常な日常生活の延長線上の出来事として捉えて、「自分は大丈夫」「まだ大丈夫」「どうせ大したことない」などと考えてしまう人間の心理的な傾向のことです。
地震、津波、火災などの災害に出くわしても、危険を感じ取ってすぐに行動できる人は実は思いの外少なく、自分はこの災害で死ぬかもしれないと考えて、すぐに逃げることができる人は少ないと言われています。

西日本豪雨災害において、被災された方々のコメントに以下のようなものがありました。
「これまでこんな土砂災害が起ったことはなく、大丈夫だと思った。」
「避難指示が出ていたが、まさか自分が本当に被災するとは・・」
「河川が氾濫したが、二階にいれば大丈夫だと思った」

 

 

「いつもどおり」を崩すことはとても勇気が要ります。

コストもかかります。

しかし、何よりも大切なのは人の命です。

台風24号も接近しています。

災害に直面した時、どうか「正常性バイアス」を取り去って今できるかぎりの命を守る行動を取ってください。