有限会社ひまわり総合保険企画

有限会社ひまわり総合保険企画は、お客さまに安心と満足をお届けします。

TEL.096-340-0825

〒861-8039 熊本市東区長嶺南3丁目2番86号

ニュース

台風10号が接近しています

気象庁と国土交通省は4日、台風10号について緊急記者会見を開き、「発達が進んでおり、5日午前9時には猛烈な台風となると予想している」と発表した。

5日から6日にかけて沖縄地方に接近し、6日から7日にかけて奄美から九州地方に接近、上陸する見通し。

沖縄、九州地方で警報級の大雨、高潮の恐れがあると発表がありました。

自分の命、大切な人の命を守るため、早めの対策をおねがいします。

新型コロナウィルスの感染拡大に関する当社の今後の業務方針について

お客様各位

令和2年8月5日

有限会社ひまわり総合保険企画

代表取締役 米満 哲矢

新型コロナウィルスの感染拡大に関する当社の今後の業務方針について

日頃より当社に格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

8月4日熊本市内の新型コロナウイルスの感染リスクレベルが「レベル4(特別警報)」へ引き上げられたことに伴い、コロナウイルスのさらなる拡大防止とお客様および従業員の安全確保のため、営業活動の一部簡略化を行うことにいたしました。詳しくは下記をご覧下さい。

今後とも時勢を注視しつつ、今後も内容が変更となる場合は速やかなご案内ができるよう尽力して参ります。

お客様にはご迷惑・ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

■保険の更新手続き、新規加入等のお客様対応について

①業務上やむを得ない場合を除き営業職員のご訪問を控えさせていただきます。(電話での対応や郵送対応を基本とさせていただきます。)

②お客様のご了承をうけ、やむを得ず訪問する場合・来訪により対応させていただく場合は、短時間(原則30分以内)での対応とさせていただきます。

■自動車事故などの対応について

①当社では当番制で事務所待機の体制を整えております。これまで同様にご連絡いただければ、迅速・的確な対応をさせていただきます。

■当社事務所内での対応について

①万が一の社員の感染にも備え、シフト制の出社で全社での感染を防ぎ、業務の停滞を招く恐れを最小限にとどめる対策を取っております。

②マスクの着用、アルコール消毒、除菌クロスを用いてのパソコン・携帯電話等の除菌を実施しております。

③適宜事務所内の換気や従業員のシフト出勤、電話やネット会議などの対応を行うことにより、「密閉、密集、密接」対策の業務運営を心がけております

 

※今後、社会情勢を見ながら臨機応変に対応を決めていきますが、現時点では上記の基本方針に基づき、保険代理店業務を遂行させていただきます。

                                  有限会社ひまわり総合保険企画

本社     096-340-0825

大江オフィス 096-375-7288

天草オフィス 0969-66-9944

 

 

7月4日の豪雨災害について

謹んで豪雨災害のお見舞いを申し上げます

このたびの七月四日の大雨により被害を受けられました皆さまに、心からお見舞い申し上げます。
一日も早く復旧されることを心よりお祈り申し上げます。

当社では当社にご契約のお客さまからに被害のご連絡・ご相談を承っておりますので、ご案内申し上げます。

有限会社ひまわり総合保険企画
本社電話 096-340-0825

天草オフィス電話 0969-66-9944

下記事故サポートセンターでも承っております<24時間365日受付>
【建物など自動車保険以外のご連絡先】
0120-727-110
【自動車保険の被害のご連絡先】
0120-256-110

地鎮祭を行いました

本日7月3日、かねてより計画しておりました新社屋建設にあたり地鎮祭を執り行いました。
式典には社員と、施工会社様にご出席をいただき、
工事の安全を祈願致しました。
あいにくの雨模様でしたが、無事執り行うことができました。
昔から“雨降って地固まる”と申します。
来春にはしっかりした社屋が完成すると思います。
新社屋の竣工および移転は来年1月初旬頃の予定です。
弊社がここまで成長してこられたのもひとえに皆様のご厚誼の賜と心より感謝しております。
これからもお客様、地域の皆様に貢献できるよう企業活動を継続して参ります。

新型コロナウィルスの感染拡大に関する当社の今後の業務方針について

お客様各位

令和2年4月10日

有限会社ひまわり総合保険企画

代表取締役 米満 哲矢

新型コロナウィルスの感染拡大に関する当社の今後の業務方針について

日頃より当社に格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発出を受け、昨今の時勢を鑑み、コロナウイルスのさらなる拡大防止とお客様および従業員の安全確保のため、営業活動の一部簡略化を行うことにいたしました。詳しくは下記をご覧下さい。

今後とも時勢を注視しつつ、今後も内容が変更となる場合は速やかなご案内ができるよう尽力して参ります。

お客様にはご迷惑・ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

■保険の更新手続き、新規加入等のお客様対応について

①業務上やむを得ない場合を除き営業職員のご訪問を控えさせていただきます。(電話での対応や郵送対応を基本とさせていただきます。)

②お客様のご了承をうけ、やむを得ず訪問する場合・来訪により対応させていただく場合は、短時間(原則30分以内)での対応とさせていただきます。

■自動車事故などの対応について

①当社では当番制で事務所待機の体制を整えております。これまで同様にご連絡いただければ、迅速・的確な対応をさせていただきます。

■当社事務所内での対応について

①万が一の社員の感染にも備え、シフト制の出社で全社での感染を防ぎ、業務の停滞を招く恐れを最小限にとどめる対策を取っております。

②マスクの着用、アルコール消毒、除菌クロスを用いてのパソコン・携帯電話等の除菌を実施しております。

③適宜事務所内の換気や従業員のシフト出勤、電話やネット会議などの対応を行うことにより、「密閉、密集、密接」対策の業務運営を心がけております

 

※今後、社会情勢を見ながら臨機応変に対応を決めていきますが、現時点では上記の基本方針に基づき、保険代理店業務を遂行させていただきます。

                                  有限会社ひまわり総合保険企画

本社     096-340-0825

大江オフィス 096-375-7288

天草オフィス 0969-66-9944

 

 

年末年始営業日のお知らせ

誠に勝手ながら
弊社では、下記の期間を
年末年始休業日とさせていただきます。

■年末年始営業案内
年内営業:令和元年12月27日(金)まで

年始営業:令和2年1月6日(月)より

年末年始や営業時間外の緊急事故受付に関しましては、
下記のフリーダイヤルまでご連絡願います。

事故にあわれた際のご連絡先
★事故サポートデスク
0120-256-110

自動車のトラブル対応時のご連絡先
★ロードアシスタンス専用デスク
0120-365-110

期間中は何かとご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。

<佐賀豪雨>水害補償はありますか??

8月後半に入り、毎日雨が続いています。昨日は隣県の佐賀で豪雨被害が出ています。

熊本も一部地域では大雨警報も出て危険な状態が続いています。

ご自宅の火災保険、水害補償は加入されていますか?

ご自宅付近は水害が起こりそうな地域でしょうか?

弊社では、「THEすまいのハザードマップ」を使い、お客さまの地域の水害リスクを確認しております。

このハザードマップは公的機関から入手した各種データおよび損害保険ジャパン日本興亜株式会社が保有している保険金支払データ等を用いて、独自に評価・分析・作成したオリジナルの総合的ハザードマップになります。

今回の被害があった武雄市北方町でのハザードマップを確認してみました。

リスク度合いはやはり「高」川沿いのほとんどの地域がオレンジ色に染まっています。

ぜひ、ご自宅の火災保険の証券を確認いただき、補償の再確認をお願いいたします。

また、こちらのハザードマップすぐに出せますので、ご自宅のリスクがどうか確認されたい方はお気軽にお問い合わせください。

国土交通省が運営しているハザードマップはこちらをクリック。

 

自転車保険入っていますか?(熊本で自転車と歩行者の死亡事故発生)

熊本市東区湖東3丁目の国道57号沿いで16日午後7時50分ごろ、

散歩をしていた79才の男性が、向かい側から来た県立高校2年の男子生徒の自転車と衝突しました。

県警によると、男性は転倒して後頭部を強く打ち、病院に搬送されたが17日午前4時50分ごろに死亡した。高校生は左ひじに軽傷を負った。

という痛ましい事故が発生しました。

 

自転車同士の事故で過去に判例が出た、高額な賠償事例を下記にあげます。

賠償額 (※) 事故の概要
9266万円 男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突。男性会社員に重大な障害(言語機能の喪失等)が残った。(東京地方裁判所、平成20年6月5日判決)
3730万円 Y運転の自転車が信号機による交通整理の行われていない三叉路の交差点を左折した際、対向進行してきたA(70歳、男性、年金生活者)運転の自転車と衝突した。YとAは転倒し、Aは脳挫傷、脳内出血、急性硬膜下血腫の傷害を負った。病院で緊急手術をしたものの植物状態に陥り、事故の1年4ヶ月後に入院したまま慢性気管支炎を発症したことにより肺炎を併発し死亡した(平成14年6月11日大阪地裁判決)
3140万円 男子高校生が自転車で歩道から交差点に無理に進入。保険勧誘員の女性(60才)が運転する自転車と衝突して転倒させた。女性は頭蓋骨骨折で病院に搬送されたが九日後に死亡しました。(平成14年2月15日さいたま地裁判決)

 

一目瞭然ですが、保険を利用せずに賠償するには経済的に大きな負担がかかります。

安全運転義務・安全操作義務というのが第一ですが、

万一の際には自分だけでなく、被害者のためにも自転車保険(個人賠償責任保険)への加入が必要ではないでしょうか。

ぜひ、ご自分の保険で自転車保険にご加入かどうか?もしくは、自動車保険、火災保険などに個人賠償責任特約が付帯されているかどうか?自転車に乗られるお子様がいるご家庭は特に確認しましょう!

亡くなられた男性のご冥福をお祈りいたします。

 

よかボス宣言をしました!!

「よかボス」は、自ら仕事と生活の充実に取組むとともに、共に働く社員や職員、従業員等の仕事と生活の充実を応援するボス(企業の代表者等)のことです。
熊本県では、県民一人ひとりの「幸せな人生の実現」のために、県民の総幸福量の最大化を目指して、企業のトップが、社員の仕事と、結婚や子育て介護などの充実した生活ができるよう応援することを宣言する、「よかボス宣言」に、オール熊本で取り組んでいます。

そして、弊社もよかボス宣言を行い、「よかボス企業」として熊本県の認定を受けました。

ひまわり総合保険企画は「よかボス企業」としてこれからもより一層、社員の仕事と生活の充実を応援し、

総幸福量の最大化を目指して参ります!!